夕張猫屋敷

過去の写真振り返りシリーズで

以前夕張に行ったときに廃屋敷にすみついていた

猫の絵を。

廃家屋とか廃炭鉱とか

いわゆる廃墟全般が好きで

撮りに回っていた時期があって

空知の炭鉱跡などを回ったときに

夕張にも立ち寄った。

ボロボロの家屋がたくさんあって

昭和で時が止まったような

ゴーストタウンみたくなった町に

猫たちがいろんなところでうろうろしてた

どの猫もかわいらしい感じではなくて

こっちをにらみつけたように見ていて

何かを語りかけてくるようなその写真が

今でも見返すたびに気にかかる