これからのブログについての心得

ブログが いつもうまく書けなくて いつも途切れ途切れになるので

今日から実験的に もっと閉ざされた 自分の記録的な内容にしてみようと思う

 

そもそも本来ウェブでブログというものができたころは

もっと日記的な、誰かに読んでもらうというよりも自分の日常を書き記すようなものが多かった気がするので 今更そういうところに立ち戻ったブログを書くのも逆に新しいのかもしれない。もし誰かのブログそういう風になっていたら、こっそり日記帳でも覗いているような気持になって 私はワクワクするような気がする

いつも誰か見ている人にと思うからいい文をかこう(?)なんて気取っちゃって筆が重くなるので 今日から気楽に 自分のつぶやきみたいなものにしようと思う

 

さて一週間前くらいから、夫モギーも東京に移住してきて

久しぶりに二人での生活(?)がはじまった

前に北海道で住んでいた家は一軒家で1階も2階も十分スペースがあったので、それぞれの作業部屋は別で過ごしていたが

今住み始めた家はそこまでの広さはないので、壁付に横の長さが1mくらいのテーブルにモギー、その隣に2mくらいのテーブル(私は絵を描いたりするので広い作業スペースが必要)を並べて、オフィスのようにふたり横並びで過ごしている

実際そんな風に四六時中顔つき合わせて過ごすなんてのは 実質初めてなので どんなもんかと少し心配はしたが(モギーが作業の邪魔をしてきはしないかと) 今のところうまくやれてる

先月の3日から、ワークショップでつくったラフの段階の絵本作品を ちゃんとした絵を描いて仕上げていこうと取り組み始めて 今日ようやく、15見開き+表紙 すべての絵を描き終えた

この一か月ほぼつきっきりでとりかかっていたというのに まるまる1か月もかかってしまった。こんなにかかると思っていなかったのでちょっとびっくり。

絵に限らず 日常的に何かにとりかかっていても 締め切りとかがあって 最後は忙しくやっつけで仕上げなくてはいけないようなことが多々あるが

今回は取り急ぎのことがあるわけでもなく 納得して仕上げることができたので

そういう取り組みができることは どんなことにせよ 自分にとってとてもいい経験になるとしみじみ感じた

できたものに関していいわけのしようがないし それが自分の今ある最大限の能力というわけだから

そこで何か審査してもらうようなことがあって、結果がついてこないのであれば、能力の足りなさがはっきりするわけで。 どう改善すればいいか明確になるのは自分の成長の近道であるので。 締め切りに追われない 満足のいく取り組みを 積み上げたいものです。日々。

確かな日常の積み重ね

そんなイメージで描いた絵

それでは。

橋場みか